こんなものを目に入れて大丈夫なのか

私が初めて黒目が大きく見えるカラコンを使ったのは、高校1年生の頃でした。中学生の頃から、目立つ女の子は黒目が大きく見えるカラコンを使用していましたが、私は、視力もよく、コンタクトレンズ自体を装着したことがなかったので少し抵抗がありました。しかし、高校1年生になると、急激に黒目が大きく見えるカラコンが流行し出しました。周りの仲のいい友達もみんなカラコンを使い始めたので、遅れをとるまいと、私もカラコンに挑戦してみることにしました。初めはなかなか上手く目にカラコンを入れることができなくて、着ける度に悪戦苦闘でしたが、慣れてくると、上手く着けることができるようになりました。初めて入れてみたときは、自分の見た目に違和感しかなかったけれど、化粧を工夫すると可愛くなれると思いました。今はカラコン愛用者です。

黒目を大きくするコンタクトレンズがなぜそんなにも人気なのかということを考えたことがあります。これは私個人の意見ですが、黒目を大きくすることによって、目が与える印象を強くすることができるからではないかと思います。目は、顔の中でも最初に視界に飛び込んでくる部位であるので、目の印象の強さは大事だと思います。メイクを工夫しずに黒目が大きく見えるカラコンを装着すると、目と不釣り合いに黒目が大きくて、まるで宇宙人みたいで気持ちが悪いですが、マツエクやつけまつげなどと併用することによって、ボリュームがあり、印象の強い目にしてくれます。しかし、周りの大人からは非難の声も多いです。なぜなら、コンタクトレンズは視力を低下させる原因になり得るからです。私のようにもともと視力の良い人間がコンタクトをすることに親はとても非難の色を強く示していました。黒目が大きく見えるカラコンは、TPOによる使い分けが大切だと思います。